相続のご相談なら愛知県名古屋市緑区の安井会計事務所へお任せ下さい。

愛知県名古屋市緑区の安井会計事務所

0528385748

お問い合わせ

営業時間

9:00~17:00

休業日

土曜・日曜・祝日

相続

相続でお悩みの方へ

相続でお悩みの方へ

相続開始(死亡)後10ヵ月以内に相続税の申告書の提出及び納税が必要です。
申告が必要な場合には 相続開始の時点における被相続人の財産・債務の一覧表を作成するとよいでしょう。

また相続開始以前3年間における被相続人からの贈与の有無も確認します。遺言書の有無も確認しましょう。
被相続人について所得がある場合には 相続開始から4か月以内に被相続人の所得税の確定申告をします。

相続税の申告について

相続税の申告について

相続税は必ず発生するわけではありません。しかし、平成27年分から基礎控除額の改正が行われ、相続税を支払わねばならない方の人数が増加致しました。

一番気を付けなければならないのは、申告を要件とした優遇規定を適用すると税額は発生しないが、この規定を適用しないで計算すると納税額が発生する場合です。

申告をしないでいて、後で税務署から指摘を受け申告をした場合、優遇規定が適用されず、税額が発生する場合があります。
申告をしていれば納めずともすんだ税額を納めなくてはならない場合があるのです

相続税の納税は現金による一括支払いが原則です。延納・物納などの制度もありますがその選択には様々な制限があります。
したがって、相続税額の事前シミュレーションと納税準備の為の対策が必要となります。

遺言書の作成

遺言書の作成

相続の際、最も揉め事になりやすいのが遺産を分割する際の家族間での話し合いです。財産の分割を円滑に進めるためにも、予め遺産分割の内容を遺言書で決められるのも一つでしょう。

下記に当てはまる方は、生前に遺言書を作成することをお勧めします。

  • 子供がいない方
  • 法定相続人以外に財産を残したい相手がいる
  • 相続人同士が揉めそうな方

贈与税について

贈与税について

1年間の間に、贈与によって取得した財産の合計額から、110万円の基礎控除額を差し引いた分から計算します。お子様に財産を遺したいが、相続税や贈与税を節税したいという方は、毎年110万円を超えない範囲で少しずつ贈与するやり方が一般的です。

また、婚姻20年以上の配偶者の場合、居住用不動産や不動産購入資金の贈与であれば、2,000万円の控除を受けられます。基礎控除と合わせると、合計2,110万の住宅・住宅購入資金が贈与可能です。

ページトップへ