税理士と会計士の違いについて、安井会計事務所がお答えします。

愛知県名古屋市緑区の安井会計事務所

0528385748

お問い合わせ

営業時間

9:00~17:00

休業日

土曜・日曜・祝日

税理士と会計士の違い

税理士とは

税理士とは

税理士試験に合格等し、税理士会に登録した者のことを言います。
税務に関する専門家として、独立した公正な立場において納税義務の適正な実現を図ることを使命としています。

公認会計士とは

公認会計士とは

公認会計士試験に合格した者で、企業の監査・会計の専門家と言われています。
適正な会計処理により、投資家や債権者の保護に貢献されるものです。

会計士とは

会計士とは

俗に会計士さんと呼ぶときにはこれらが混同されている場合が多いようです。
会計士という国家資格はありません。

税理士と公認会計士の違い

税理士と公認会計士の違い

公認会計士と税理士は、どちらも会計を専門に行う業務です。しかし、取引先企業や業務内容には大きな違いがあります。

公認会計士の代表的な仕事は、企業の経営をチェックする「監査」や経営戦略の相談にのる「コンサルティング」です。「監査」は株式を上場しているような企業に対して行うものなので、顧客は大企業になることが多く、大都市での仕事が多くなります。

これに対して、税理士の代表的な仕事は、税務署に申告する書類を作ったり実際に申請を行ったりする「税務」です。税金の納付は企業の規模にかかわらず必ず行うものなので、中小企業が顧客になることも多くあります。

公認会計士が地方都市で事務所を開く場合は、周辺に大企業がほとんどないというケースもありますので、「税務」を引き受けることで中小企業の顧客を増やすことができます。

こうした事情から、公認会計士は「○○公認会計士・税理士事務所」として公認会計士と税理士の仕事を兼任している人も多いのです。

ページトップへ